YouTubeの収益化審査は6月末に完了しない!?遅れてる問題と解決策は?

こんばんわ!おもちです!

今回はYouTubeの収益化審査に関しての

お話をします。

 

また記事の最後には

動画でもご説明してますので

そちらも併せてご覧ください!

 

例のあの一言は嘘だったのか?

 

 

おいおい6月までに

収益化する言ったやん!!!

 

 

とツッコミを入れたくなるぐらい

YouTubeの収益化審査が

錯綜していますが、

 

僕は当初上記の写真にあるような

「再生回数順」=「総再生回数」

審査を行なっていると

見ていました。

 

ただ、情報を更に集めていくと

再生回数や登録者が少ないチャンネルでも

審査を通過してる事例が

あるようです。

 

 

例えばこちらのチャンネルの方ですが、

 

https://twitter.com/takeo596/status/1009681644268077056

(今回紹介したタケオ様のチャンネルはこちらです)

 

2018年6月24日現在、

この時点で上記の

チャンネルを見ると、

 

=============

動画投稿開始:2017年12月30日

動画投稿数:13本

登録者数:1,999人

総再生回数:286,042 回

=============

 

ちなみにその後もチラホラ

登録者が3,000人や

5,000人台の方でも

審査が通ってるみたいです。

 

 

一方、海外のチャンネルを

探して見たら

 

登録者が40万人、

総再生回数1億回以上で

審査待ちの動画もありました。

(こちらのチャンネル)

(追記:上記の海外チャンネルも

7月を目処に収益化審査に通ってます。

ページ最下部にある動画内の中では

審査途中だということを紹介してます)

 

これを見る限り

日本のみならず世界的に見て

数字じゃなくて一体何が

審査基準の優先になってるのかが

曖昧みたいです。

 

 

 

で、1つ疑問がある

 

それで僕は1つ疑問があります。

 

それは、5月の段階で「6月までには」

と公式で声明を出したのかです。

 

あくまで「予定では」

と書いてあるので

正直わからない事だらけですが、、、

 

少なくとも6月末には

審査はほぼ完了すると見込んで

この時期にしたのか?って事。

 

僕は当初、審査は完全に

目視(人の目によって)

行われていると思っていました。

 

何故ならAIだと

誤認される可能性もある

予想していたからです。

 

誤認の理由としては動画の

黄色マークがどのような基準で

出るのかが曖昧だからってのが

1つ理由としてあります。

 

 

ですが、そういった偏った考えを

するのではなくて、

 

 

仮にAIが審査の判断を

下せるレベルにまで成長していたら…。

 

普通に考えて、毎日ように

審査をクリアしたチャンネルが

本部に上がってくる

状況だと思いますし、

 

審査をするチャンネルを開いて

数ある動画の中から幾つか抜粋して

見るにしても時間がかかる。

 

 

万が一、ポリシー違反してない動画を

たまたまチェックする事になって

違反してる動画が見逃される状況なら

 

それはそれで広告主から

また信頼を損なう事に繋がります。

 

 

なので、5月1日から6月末までの

僅か2ヶ月で審査を見る

という事になると

目視は限界があるかと思います。

 

 

「効率的に行う」を基準にすれば

AIが審査に絡んでもいるのかなと

最近思いました。

 

 

 

審査を早く通す解決策はないのか!?

 

 

現状できるとするならば

再生回数順に優先的に審査すると

書いてある以上

 

・動画を毎日アップして再生回数を増やす

 

と言いたい所ですが

既にこれに対しては

期待が出来ませんね(笑)

 

 

ただ、登録者だったり

より濃いファンになってもらうにも

動画投稿は続けた方が良いですね。

 

アップを辞めた瞬間に

視聴者離れは起きるので

続けていきましょう。

 

 

で、僕は次が重要なのかなと

思いました。

 

 

 

 

・YouTubeポリシー、コミュニティガイドラインに

遵守した動画をアップ続ける

 

むしろ僕個人的には

ここをかなり重要視した方が

いいのかなと思います。

 

 

この辺りも人によって

「私はちゃんと規約もガイドラインも

全部守っている!!!」

と仰る方も見かけます。

 

 

ただ、あくまでYouTubeの

審査基準なので

 

投稿者本人が

「ちゃんとやってる!!!」

と言ったとしても

 

無意識に違反してる部分が

あるかもしれませんね。

 

 

だからこそ公式ページに書いてある

 

・YouTubeポリシー

・コミュニティガイドライン

・YouTube利用規約

・パートナープログラムポリシー(YPP)

 

は目をくまなく通す方が

良いかもしれません。

 

 

不正履歴/通報歴がある方は怪しいか

 

 

【YouTubeでの不正事例】

================

・チャンネル登録者を購入する

・相互登録を促す

・再生回数を買う

・コピーコンテンツを上げる

・ツールと連動させて数字をイジる(仮説)

・自分ではやってないのに

 外部の者にイタズラをされる

================

 

こういった経歴などがあると

もしかしたら審査の段階で

見られているかもしれません。

 

どのようにそういった不正を

見抜くかに関しては

YouTubeにしか分かりませんが

 

登録者の購入、相互登録

再生回数を買うなどは

YouTube公式が「やってはいけない」

と、開示しているので

何かしら見破る術を

持っているかもしれません。

 

 

それと、通報歴や著作権違反など

過去の違反歴も少なからず影響が

あるのかもしれないと

仮説しております。

 

動画の削除などは1回目だと

3ヶ月後にペナルティは消えますが

YouTubeの中では

「過去に違反した人」と

把握されている

可能性はあるかもしれません。

 

つまりチャンネルを立ち上げた段階から

違反などでペナルティを

受けないためのチャンネルづくりを

考える必要があります。

 

これを見て

「あ、過去に違反受けたわ…」

という方もいるかもしれませんが

 

これはあくまで僕の仮説です。

 

そうじゃなくても審査が既に

通ってる方も

いらっしゃるかもしれません。

 

ですが、様々な事を頭に入れて

やっておかないと、

 

「もし本当にその仮説通りだったら…」

じゃ遅いからです。

 

だからこそチャンネル立ち上げる前

立ち上げた後でも

規約違反に関しては

シビアにやっていきましょう。

 

実際に審査が通った人の話

 

 

実際に僕のビジネス仲間で

先月に審査が通り

収益化出来た方から

お話を聞くことが出来ました。

 

通過した場合は

 

・登録してあるGmailに通過のメールが届く

 

・アナリティクス画面の上部に

「チャンネルの収益化が承認されました」と表示。

 

という形で連絡が来ました。

 

個人情報やチャンネル特定を考慮して

通過した仲間の詳細は控えますが、

ボカして紹介しますと、

↓    ↓    ↓

 

・審査は再生時間と登録者クリア済み(当然)

・動画投稿は毎日してない(月に数本程度)

・中身はYouTubeポリシー/著作権を守った内容

(オリジナルコンテンツ)

 

といった形です。

 

先にも書きましたポリシーやYPP辺りが

かなり大事なのかなと思います。

 

 

登録者1,000名代の方はチャンス

 

登録者が多かったり

再生回数が凄い伸びてる人からすれば

納得いかないかもしれませんが、、、

 

登録者1,000名台の方は

チャンスかもしれません。

 

先ほど紹介したチャンネルのように

1,000名でも優先的に

審査に目が止まり合格する

可能性もあるからです。

 

なのでこれから1000人行く方も

めげずにやって行きましょう!

 

 

まとめ&動画をご覧になる方はこちら

 

・再生回数、運営歴、登録者数、再生時間、

投稿している国/地域などは関係ない

 

・とりあえずポリシーは

くまなくちゃんと見た方がよい

 

・過去の違反歴(規約/著作権など)は

見られている可能性も頭に置こう

 

・動画でもご説明しています!

 

 

 

また追加で情報がありましたら

更新していきます!

 

それでは!