小学館から著作権侵害削除が!YouTube政治系が次々とBANに

先日僕が管理している

YouTubeチャンネルに

1通のメールが届きました。

それがこちらです。

 

著作権削除で

申請者は小学館でした。

 

あなたのその認識、危ないですよ

 

 

今回に関しては著作権元である

出版側からの通報による削除、

 

これに関してはもう

消されて当たり前の事を

僕がやってしまった、、、

 

 

そう反省するしかありません。

 

 

一方で今回削除された動画は

小学館から直接引用し転載した

という事ではありません。

 

というのもよくある

「まとめサイト」から情報を引用し

動画として発信をしていました。

 

例えばよくあるのが

 

 

 

・(ネイバーまとめ)

 

 

・2ちゃんまとめサイト

 

 

これらから引っ張る方が

多いかなと思います。

 

 

ですが、そもそもこれらの

まとめサイト的なものというのは

元の著作権場所というのが存在します。

 

 

僕の場合、削除された動画が

もう1年前になるもので

あまり記憶もうっすらでしたが

 

動画タイトルを見る限りだと

1年前の当時はNAVERまとめから

記事を幾つか引用して

使用をさせて頂いてました。

 

 

この際、NAVERまとめのURLを

恐らく動画説明欄に

「引用先」として明記したと思います。

 

この引用先の明記は俗に

「クレジット表記」とも言われてます。

 

 

この引用先を明記したのにも関わらず

今回は削除された。

 

でも、削除申請者は「NAVERまとめ」

ではなくて「小学館」でした。

 

というのも、NAVERまとめも

元々は個人がキュレーションした

まとめサイトみたいなもの

 

恐らくほとんどの人が著作権元から

許可を取らずにまとめています。

 

 

なので、今回の場合も

本来記事を使用するならば

小学館に許可を取ることが

義務付けられています。

 

 

ですが、当然そんな面倒な事は

僕はやりませんでした。

(↑これダメですからね)

 

 

本来、小学館や書籍コンテンツは

実際に売られているものであって

実際に著作者である方が

苦労をして作品を作られてます。

 

 

もし、僕が著作者だとして

僕が作った作品を勝手に

NAVERまとめやYouTubeで

転載されていたら、、、

 

 

当然腹は立ちます。

 

 

 

だからこそ、引用する場合は

まずコンテンツ元、著作者に

許可を直接取ることが大事です。

 

 

(ちなみに今回削除申請があった

小学館の方でも

「NO! 海賊版・違法サイト」

キャンペーンをやってますので

一度、目を通されることをお勧めします)

 

 

削除をされた僕がまず最初に対策したこと

 

 

今回削除されて僕のチャンネルに

ペナルティがつきました。

 

僕はこれまで恥ずかしながら

数千以上あった動画の約90%が

転載を使ったものでした。

 

幾ら引用先を明記したからといって

僕も「ダメだと」は思ってましたが

分かっててやっていました。

 

過去の歴史を変えることは

もう出来ないのですが、

これから先を変えることは可能である。

 

僕は転載に該当するチャンネル

90%を自主削除することにしました。

 

 

 

(ちなみにペナルティ受けた動画は

貴重なデータでもあるので

消さずに残しておきました。)

 

 

こうなると報酬は当然下がります。

 

 

 

ですが、目先の収益だけを

意識して運営を続けると、

将来的にまた危険に晒される

恐れが出てきます。

 

 

僕が現在行なった対策は

=====================

・転載の該当動画を全て削除

 

・記事は0から作る完全オリジナルコンテンツ

(著作権者は完全に僕になります)

 

・BGMはYouTubeオーディオライブラリーを使用

=====================

 

BGMも気をつけなければなりません。

フリーBGMは僕の中で推奨はしません。

 

今が大丈夫でもBGMサイトによっては

規約が突然変更になることも

考えられます。

 

その時にまた、

「てんやわんや」するのは

嫌だから最初のうちに

手を打っておくことが重要です。

 

 

コンサルタントでこういう事を言う人は要危険

 

 

僕はこれまでに数多くの

YouTubeコンサル塾に入りました。

 

その中で僕が信頼できる人は

1人か2人。

 

で、残りの方達の塾の中や

メルマガの発信を見ていると

 

=================

「今はとりあえず大丈夫」

 

「今の所は大丈夫」

 

「今はまだ大丈夫」

 

「将来的にどうなるか不透明だけど

イケる内にガンガン稼いでいこう」

=================

 

 

こう言う事を書く/言う人は

かなり危険だと思ってください。

 

 

そもそも、将来的に危険だと分かってて

それを教えるのはビジネスマンとして

どうかと思います。

 

 

高いお金を払って来てる人たちは

長く安定的に稼ぎたい

これが切なる願いじゃないですか。

 

 

でも、僕の周りでそう言う事を

平気で言ってる人もいますが、

そういった人達の生徒さんの

チャンネルは吹き飛んでいます。

 

 

 

 

 

あの人も、、、

 

 

 

 

この人も、、、

 

 

 

 

いつか自分がこうなるかもしれない

 

 

 

しかも吹き飛んで再起するならまだしも

2018年8月現在の

YouTube業界を見て見てくださいよ。

 

 

もう、審査基準もかなり厳しくなり

コピペ、単純なテキストは

ほとんど審査通過しません。

 

 

つまり、今まで培って来たことが

全て「無」となるわけです。

 

 

 

ただでさせ、情報の移り変わりが

激しい業界だけに

 

 

「正しい情報」

「素早く察知する能力」

「仮説を常に立て予防線を張る」

「ダメージを最小限に留める」

 

 

を、意識した付き合いをしないと

今後のYouTubeでは生き残れません。

 

 

今回の小学館の削除絡みで

僕と同じジャンルのチャンネルは

ほとんど著作権で削除されてました。

 

 

僕も何を手を打たずに

あのままやっていたら

今頃消えていたかもしれません。

 

 

だからこそ、報酬はガタ落ちましたが

これでよかったと思ってますし

 

 

これがキッカケで

コピペ転載を卒業することが出来る

キッカケともなりました。

 

 

 

ただ、現状はかなり厳しいものなので

ここから再起を図るにも

相当の時間と労力をかけることが

求められて来ます。

 

 

でも、これが今までやって来た

自分への試練だと思うので

 

 

「まとも・政党法・堂々と言える」

チャンネル運営が必要であり、

 

 

教える側、YouTubeコンサルタントも

そういった舵の取り方に切り替えないと

生徒共々、心中する羽目になる

危機感をいただいています。

 

 

引用先の明記をしても完全にNGな理由

 

 

最後に念押しして書きますが、

「引用先を書けばOK」

という方がよくいますが、

 

 

 

 

ダメです

 

 

 

その理由を2つ書きます。

 

 

1つ目は今回僕が削除された時に

それが詳しく書いてありました。

 

削除され最初にアカウントを開くと

「コピーライトスクールを受ける」

とメッセージが届いています。

 

 

 

上記は僕のではなく、こちらの方のサイトから

画像をお借りさせて頂いてます。

 

 

写真のように4つ問題が出されて

選択式の質問を迫られます。

 

問題は幾つか種類があって

写真の中にはないですが

今回僕が受けた問題の一つには

 

===================

「Q.著作権で引用先を明記してあれば

自由に使用が出来る!正解or不正解?」

 

   ↓   ↓   ↓

 

「A.答えは不正解、例え引用元を

明記してあっても使用は基本NOです」

===================

 

このような問題がありました。

つまり、これらのことから

引用すれば全て良しは

アウトだという認識を持ちましょう。

 

 

そして2つ目ですが

これは今から3年前に僕が

六本木ヒルズにあるYouTubeスペースで

研修を受けていた時です。

 

(実際に受けた様子がこちら)

 

 

当時会場には、

コミュニティガイドラインの

女性スタッフさんがおられて

僕のチャンネルを見てもらいました。

 

 

その時のやり取りを

下記に載せておきますと、、、

 

===============================

(登場人物)

(ガイドライン)

 

 

(おもち)

 

 

 

「これ引用先書いてありますけど

引用されてるんですか?」

 

 

 

 

 

「はい、ちゃんと引用先のURL書いて

使っていますけど、

グレーなのかと思って使ってますが

ひょっとしてダメですか…?」

 

「グレーも何もダメですよ

引用元明記しても引用先が

それに対して事細かく許可していると

書いてないと基本はだめです。

グレーも何もブラックです」

 

 

 

 

「え・・・まじ?」

 

 

 

「はい、マジです」

 

===============================

 

 

 

これは実際にやり取りした内容です。

 

ただし、ここはサイトによって

引用元を明記してあればOKと

書いてあるものはOKです。

 

なので、引用する際は

転載元、著作権保有者が

どのようにアナウンスをしてるか

詳しく確認をしましょう。

 

 

で、まとめサイトに関してですが、

まとめサイト自体がまず

引用しているサイトであって

元々の本人に

許可を得る必要があります。

 

 

だから例えば、テキスト系なら

スカッとする話、感動する話、

芸能系とかもそうですね。

 

それと、最近流行りの

ランキング系動画も同じくそうです。

 

 

僕はランキング系をやってないので

よくわかりませんが

あれも、ネタ元をどこからか

転載している方が多いと思います。

 

 

なので、ランキング系も気をつけないと

ストライク(削除ペナルティ)が

つく可能性は十分に高いです。

 

 

なので使用する場合、本来は

直接許可を取るのが当たり前です。

 

 

「商用利用で使いたいのですが

OKでしょうか?」という具合で。

 

 

ただ、まずこれに対して

「いいよ」って言う人はいないでしょ。

 

 

 

 

後そうだ、撮影系、YouTuberさんでも

同じことが言えますので

持ってくる情報源がどこからかが

重要になって来ます。

 

 

といことで今回は自分の削除体験を

元に書かせていただきました。

 

 

最後まで読んで頂いて

ありがとうございます。

 

 

あと、少しでもよかったと思われた方は

下記のブログランキングを

ポチっとして頂けたら幸いです。

 

 

 

メルマガもやっております!

 

おもちの公式メルマガは下記になります!

無料で購読が出来ますので、

下記からご登録をお待ちしております。